誕生祝いのプレゼントに最適な印鑑

知り合いに赤ちゃんが生まれた時などに、誕生祝いのアイテムとしてとてもふさわしいのが印鑑です。印鑑は大事な書面で自分を証明するために使うもので、一つ持っていれば一生使うことができます。人生の始まりの記念として贈れば喜んでもらえるでしょう。せっかくプレゼントするのですから、いいものを選ぶことが大切です。印鑑の材質の見た目が美しいというだけでなく、押印した時の印影の美しさがより重要です。しっかり作られたものなら押しやすいですし印影もはっきりしてとてもきれいです。印鑑に使われる材質はざまざまです。最高級品と言われる象牙だけでなく、水牛やとてもスタイリッシュに見えるチタンなど金属素材も人気です。女の子にプレゼントするなら水晶など宝石を使ったものも喜ばれます。実印としても銀行印としても使える一生ものの印鑑をぜひ作ってプレゼントしましょう。

印鑑をプレゼントしませんか

卒業や就職、成人、結婚のお祝いに印鑑をプレゼントしませんか。親や親戚など親しい間柄の人のお祝いに印鑑をプレゼントするのは、とても良いです。社会人になれば、仕事先や銀行の口座開設、役所の手続きなどで、印鑑を使用する機会が増えます。安全で耐久性のあるものを選びましょう。安全とは偽造されにくいという意味です。今では100円ショップでも購入できますが、大量生産のものは偽造される危険性が高いです。はんこ屋など、ひとつひとつ作っているところで購入します。耐久性とは長く使えるということです。銀行の登録印などは変更の手続きが面倒です。摩耗したり、欠けたりすることのないよう、プラスチック製ではなく、水牛性などものが良いです。オフィスでも使うならシンプルなデザインのものを選びます。出来れば、実印と銀行員、認印の3点セットを用意し使い分けるようにすると偽造されにくくなります。

大人になった証拠として印鑑をプレゼント

学生を卒業してから社会人になる切り替わりの際に、色々な願いを込めてお祝いをするひとは多くいます。成人式といった区切りでも良いですが、学生から社会人へ切り替わるタイミングでお祝いする人も多いようです。そんな時に送るプレゼントとして色々な物があり、送る側にとっては悩む人も多くいます。社会人になって必要な物を上げたいということで、定期入れだったりお財布だったりと社会人を意識させた物を送る人が多いようです。そんな中で人気のある送り物の1つに、実は印鑑があります。何故印鑑と思うかもしれませんが、印鑑にも種類があります。その中でも実印として使用してもらうためのプレゼントとなります。実印とはこれから社会人と生活を進めていく上で、とても必要になってきます。様々な契約書などに押す際には実印は欠かせいため印鑑をプレゼントするひとは増えています。